ジェンティルドンナは有馬記念回避が決定。来春のドバイを目標に

ジャパンカップを制したジェンティルドンナは有馬記念は回避が決定。
この後休養を入れて、来春のドバイを目指していく予定となるようです。

宝塚記念の結果もあり、有馬記念は不向きなレースだとは思いますが、回避は残念ですね。
これで今年は4戦だけとなり、故障等がない馬としてはやはり少なく感じますね。
JCでは結果が出ましたので、この使い方が良かったと言われればそれまでですが、ファンとしてはもっと見たい馬ですよね。

史上初のジャパンC連覇を成し遂げたジェンティルドンナ(牝4歳、栗東・石坂厩舎)は、有馬記念(12月22日、中山)を回避することが26日、正式に決まった。

 この日の午後、同馬は栗東近くのノーザンファームしがらきへ移動。昨年も遠征したドバイ国際競走(3月29日、メイダン競馬場)に照準を絞り、英気を養う。帰厩の時期や、本番までにレースを挟むかどうかは未定。「レース後も何ともないし、カイバをよく食べて元気そう。いつもと変わりないですね」と井上助手は話した。
http://hochi.yomiuri.co.jp/horserace/news/20131127-OHT1T00073.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です