新着記事

2013有馬記念はオルフェーヴル圧勝。引退レースを飾る


有馬記念

1着 オルフェーヴル
2着 ウインバリアシオン
3着 ゴールドシップ

注目の有馬記念は単勝オッズ1.6倍の圧倒的な人気に支持されたオルフェーヴルが8馬身差の圧勝。
2年連続凱旋門賞2着の三冠馬は引退レースで、国内では久々に圧倒的な強さを見せてくれました。

レースとしては3,4コーナーでもう決まってしまいましたね。
オルフェーヴルの反応が抜群で、直線を向いた時点でもう先頭。他馬はついていく事ができませんでした。
上がりもオルフェーヴルが最速の36.0で2着のウインバリアシオンが上がり2位の37.3。これでは勝負になりません。
オルフェーヴルが一枚も二枚も格上だったと言わざるをえない結果ですね。

ゴールドシップはやはりスタートから反応が悪く、ムーア騎手が押して道中はオルフェーヴルより前という位置取り。
捲りはゴールドシップの代名詞のようなところもありましたが、オルフェーヴルに先に行かれてしまい、ウインバリアシオンにも外から来られてしまう状況。
この辺りはやはり能力的な部分以外の問題が大きそうです。来年の復活があるのか注目ですね。

ウインバリアシオンも能力はやはり高く、脚元さえ大丈夫なら来年も活躍が見込めそうです。
常に好走はしていますが、勝ち鞍は青葉賞以来ありません。
来年は一戦一戦が勝負になってくるはずですが、まずは春天を目指してという事になりそうです。

その他では先行勢が苦しい中で6着のカレンミロティック。5歳のセン馬で明けて6歳になりますが、このレースを見る限りだと来年もかなり期待できそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です