Tag Archives: オルフェーヴル

参考・関連レース 過去結果

2013有馬記念はオルフェーヴル圧勝。引退レースを飾る

有馬記念

1着 オルフェーヴル
2着 ウインバリアシオン
3着 ゴールドシップ

注目の有馬記念は単勝オッズ1.6倍の圧倒的な人気に支持されたオルフェーヴルが8馬身差の圧勝。
2年連続凱旋門賞2着の三冠馬は引退レースで、国内では久々に圧倒的な強さを見せてくれました。

レースとしては3,4コーナーでもう決まってしまいましたね。
オルフェーヴルの反応が抜群で、直線を向いた時点でもう先頭。他馬はついていく事ができませんでした。
上がりもオルフェーヴルが最速の36.0で2着のウインバリアシオンが上がり2位の37.3。これでは勝負になりません。
オルフェーヴルが一枚も二枚も格上だったと言わざるをえない結果ですね。

ゴールドシップはやはりスタートから反応が悪く、ムーア騎手が押して道中はオルフェーヴルより前という位置取り。
捲りはゴールドシップの代名詞のようなところもありましたが、オルフェーヴルに先に行かれてしまい、ウインバリアシオンにも外から来られてしまう状況。
この辺りはやはり能力的な部分以外の問題が大きそうです。来年の復活があるのか注目ですね。

ウインバリアシオンも能力はやはり高く、脚元さえ大丈夫なら来年も活躍が見込めそうです。
常に好走はしていますが、勝ち鞍は青葉賞以来ありません。
来年は一戦一戦が勝負になってくるはずですが、まずは春天を目指してという事になりそうです。

その他では先行勢が苦しい中で6着のカレンミロティック。5歳のセン馬で明けて6歳になりますが、このレースを見る限りだと来年もかなり期待できそうです。

ニュース・情報

【オルフェーヴル】有馬記念勝ち馬の2回目以降の有馬記念成績【ゴールドシップ】

今年の有馬記念の注目はまずオルフェーヴル。今年は国内のG1レースには出走していませんが、フランスではフォワ賞1着、凱旋門賞2着とまだまだ高い能力を見せつけています。1番人気は間違いなくこの馬で、このレースが引退レースにもなりますので最も注目の集まる一頭です。

そしてもう一頭ゴールドシップ。今秋は振るいませんが昨年の有馬記念、今年の宝塚記念を勝っていてコース適性は十分。陣営からは気持ちの問題だけという話も出ていて得意の舞台で復活の可能性も十分です。

この2頭に共通しているのが、ともに3歳時に有馬記念を既に勝っているという事。
今回は過去に有馬記念2勝目を目指して出走した馬をまとめてみました。

G1実績は2回目以降の出走年に限った連対実績としています。

2度目の有馬記念制覇を目指しての出走
馬名 制覇時 出走時 有馬記念 出走年のG1実績
13 オルフェーヴル 牡3 牡5 凱旋門賞2着
13 ゴールドシップ 牡3 牡4 宝塚記念
11 ヴィクトワールピサ 牡3 牡4 4人気8着 ドバイWC
10 ドリームジャーニー 牡5 牡6 4人気13着
09 マツリダゴッホ 牡4 牡6 3人気7着
08 マツリダゴッホ 牡4 牡5 2人気12着
05 ゼンノロブロイ 牡4 牡5 2人気8着 英インターナショナルS2着
天皇賞秋2着
03 シンボリクリスエス 牡3 牡4 1人気1着 天皇賞秋
01 テイエムオペラオー 牡4 牡5 1人気5着 天皇賞春
宝塚記念2着
天皇賞秋2着
JC2着
99 グラスワンダー 牡3 牡4 1人気1着 宝塚記念
安田記念2着
98 シルクジャスティス 牡3 牡4 6人気7着
96 マヤノトップガン 牡3 牡4 2人気7着 宝塚記念
天皇賞秋2着
95 ナリタブライアン 牡3 牡4 2人気4着
93 メジロパーマー 牡5 牡6 9人気6着
90 オグリキャップ 牡3 牡5 4人気1着 安田記念
宝塚記念2着
89 オグリキャップ 牡3 牡4 1人気5着 マイルCS
天皇賞秋2着
JC2着

連覇を達成しているのは03年のシンボリクリスエスと99年のグラスワンダーでともに3,4歳時での制覇となります。
2頭とも宝塚記念を使った後一息入れて、シンボリクリスエスは天皇賞(秋)を勝ちJC3着(重馬場で勝ったタップダンスシチーから1.6秒離れた3着)、グラスワンダーは毎日王冠1着から予定していたJCを回避しての有馬記念でした。
どちらも死角なしという状態で有馬記念に望んだわけではありませんが、秋緒戦はきっちりと結果を出しているところはゴールドシップとは違うところですね。

連覇ではない2度目の有馬記念制覇となると90年のオグリキャップまで遡ります。
なかなか難しい条件なので例があった事がすごいというくらいだとは思いますが、このレースはあのオグリキャップのラストランですね。
この年の秋は天皇賞(秋)6着、JC11着と大きく負けながらの復活劇でした。
どちらかと言えばこちらの方がゴールドシップの状況に近いですね。

過去の達成例から見ると、オルフェーヴルは海外遠征帰りというローテの不安は多少ありますが、直近の実績的には十分。ただ1年開けての2度目の制覇となるとオグリキャップ以来となる難しい条件にはなります。
三冠馬で凱旋門賞2年連続2着という実績を持つオルフェーヴルですから、達成しても全く不思議はないですね。

ゴールドシップの方は連覇するなら3,4歳のこことなりますが、近走の不振がやはり気になりますね。
連覇でなければ、大敗からの巻き返し例は07年のマツリダゴッホが天皇賞(秋)15着からという例があるのですが、これは復活というイメージではありません。
こちらもまたオグリキャップくらいしかというパターンになってしまいます。

全体的に見ると有馬記念は3,4歳馬の活躍が多く、2度目以上の出走馬は必然的に厳しくなっています。
5歳以上での勝ち馬は09年のドリームジャーニー、その前は96年のサクラローレルとなるくらいで、秋シーズン最終戦という事で元気のある若い馬が有利なのか、とにかく3,4歳馬の活躍が目立ちます。

ただ今年はクラシックで上位の実績のある3歳馬は出走していませんし、4歳もゴールドシップ以外はラブイズブーシェだけとなります。
穴に一考する価値はある馬ばかりですが、オルフェーヴルやゴールドシップに対して強気になれるメンバーではなく、この相手関係から考えれば、やはり5歳でもオルフェーヴルが中心。対抗できるとすれば復活したゴールドシップという当たり前の結論になってしまいますね。

ニュース・情報

有馬記念登録馬17頭。オルフェーヴル中心も波乱含み?

有馬記念の登録が行われ17頭が登録を行いました。
有力馬の回避が相次ぐ事になってしまいましたが、人気投票の一桁順位からはオルフェーヴル、ゴールドシップ、エイシンフラッシュが出走予定。
オルフェーヴルとエイシンフラッシュはこれが引退レースとなります。

まず人気投票の上位10頭です。

1位 オルフェーヴル
3位 ゴールドシップ
5位 エイシンフラッシュ
11位 ナカヤマナイト
13位 トーセンジョーダン
14位 ウインバリアシオン
18位 ルルーシュ
21位 トゥザグローリー
23位 ダノンバラード
28位 アドマイヤラクティ

以下賞金順です。

デスペラード
ヴェルデグリーン
カレンミロティック
タマモベストプレイ
ラブリーデイ
ラブイズブーシェ

以下除外対象

テイエムイナズマ

となっています。

ゴールドシップがJC15着という大敗をしていますので、キズナが回避した事でオルフェーヴルに人気がかぶる形になりそうです。
ただオルフェーヴルも凱旋門賞以来となり引退レースでもあります。キズナが回避した例を見ても万全ではない可能性も考えられますね。
続く人気になりそうなゴールドシップ、エイシンフラッシュはともにJCで大きく負けていて、こちらの2頭にも不安は残り、荒れる可能性も十分に考えられるメンバー構成と考えてもいいのではないでしょうか。

その他では久々の金鯱賞を3着したウインバリアシオンや、こちらもJCで3着と復活の兆しを見せたトーセンジョーダンなども実績組の中では人気を戻してきそうです。

人気投票に入らなかった組にも面白い馬は多いですね。
カレンミロティックは前走の金鯱賞の勝ちっぷりが良く、垂水Sの豪快なレコード勝ちなどもあり、今勢いのある一頭です。池添騎手はオルフェーヴルがいますので、今回は戸崎騎手となるようですね。
ヴェルデグリーンも天皇賞(秋)は8着と敗れましたが、中山2200のオールカマーで良い勝ち方をしていますので、中山2500の今回は楽しみです。

ニュース・情報

凱旋門賞2着のオルフェーヴルは有馬記念で引退へ

凱旋門賞で2年連続の2着となったオルフェーヴルは次走有馬記念を使って引退という事になりそうです。

今回の凱旋門賞は完敗でしたが、これまでで最も凱旋門賞制覇を意識させてくれた馬はやはりこのオルフェーヴルだと思います。

トレヴは本当に強かったですねぇ…。

今年は国内では大阪杯の普通に勝ったオルフェーヴルしか見せていないので、有馬記念では強いオルフェーヴルを是非見せてもらいたいものですが、ゴールドシップなど他の相手も黙ってはいないでしょうし、まだメンバーは分かりませんが良いレースを見せてほしいですね。
そして何よりも無事に種牡馬入りして、次の世代でもまた楽しませてほしいものです。

6日にパリ郊外のロンシャン競馬場で行われた世界最高峰GI「第92回凱旋門賞」(芝2400メートル)で2年連続2着に敗れたオルフェーヴル(牡5歳、栗東・池江寿厩舎)が、有馬記念(12月22日、中山、GI、芝2500メートル)を最後に引退することが決まった。レース後の会見で池江泰寿調教師(44)ら関係者が明らかにした。今年も夢はかなわなかったが、有馬記念を勝ち、立派な種牡馬となるのが今後のオルフェの使命。あと1戦、全力を注ぎ込むグランプリとなる。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20131007/ove13100712000006-n1.html